デメリットもある?

Permalink

アートメイクにはメリットが多いですが、場合によってはデメリットになってしまうことがあります。アートメイクをするとしばらくは色が持つので、メイクが楽だと感じるでしょう。ただしすぐには消えないので眉の形やアイラインの幅などは、一度入れるとしばらくそのままとなります。時間の経過とともに少しずつ薄くはなりますが、人によっては完全に消えないこともあります。

カウンセリングアートメイクをした時の眉の流行が変わっても、完全に消えないままとなると眉の形が限られてしまうことになります。この場合コンシーラーで隠してから眉を描けば対応できますが、毎回コンシーラーで消してから描くので、手間がかかります。

アートメイクができるのは医療機関です。それ以外のところで施術を受けた場合、使用する染料の安全性に不安がありますし、施術者も確かな技術を持っていることが大切ですから信頼できるところで受けましょう。実際に医療機関以外でアートメイクをして、トラブルが起きたケースは少なくありません。

眉や目元というデリケートなところの施術は、医療機関で確かな技術をもった意志に施術してもらうことが大切です。人によっては染料でアレルギーを起こすこともあるので、事前のカウンセリングなども重要です。


Next
└ どこで受けるのがいい?